ヘルカ + ハンドメイド 

手作りを楽しもう!無料型紙と手芸の支援サイト

オシャレすぎるミシンとミシンの種類

      2017/06/25

ネットサーフィンしてたらこんなもんを見つけました↓

↑あら、かわいい。オシャレなミシンですね。
AISINというメーカーのSP20というミシンです。

なんかおしゃれすぎるけど機能性はどうなのさ?ってことで、サイトをチェックしましたが家庭用ミシンとしては必要な機能はすべて装備されているみたいですね。

追記:実際に使ってみました!アイシンミシンSP20レビューはこちら↓
初心者さん向け!ヘルカのおすすめミシン

ミシンには工業用ミシンや家庭用ミシンなど様々なものがあります。今日はミシンの種類について解説しますね。

スポンサーリンク

ミシンってどんな種類があるの?

ちなみに家庭用ミシンといいましたがミシンは大きく分けて
①工業用ミシン
②職業用ミシン
③家庭用ミシン
の三種類があります。

工業用ミシン

縫製工場で使用されているミシンです。
とにかくスピードとパワーがあり、とりあえずなんでも縫える(工場で使っているんだからあたりまえだけど)ミシンです。
ただ場所はとるし、メンテナンスは大変だし、はっきりいって家庭洋裁には全く向きません。 家に持っている人は相当のマニアかおそらく本格的なプロだけだと思います。言い換えると、ご家庭で趣味で裁縫を楽しむ方は買う必要はありません。

職業用ミシン

服飾の専門学校に行くと、必ず買わされます。私ももちろんもってます(かなり古いけど)。ネットで調べたところ値段は現在では7万〜10万 といったところです。ちょうど工業ミシンと家庭用ミシンの中間といった感じです。スピードもパワーも十分です。
ただこれ工業用ミシンと同じく「縫う」ことに特化したミシンなんですよね 。
「え?ミシンだから縫えればそれでいいんじゃないの?」って方もいるかと思いますが、このミシンには布の端をかがる機能がないんです。
みなさんの服の内側を見て下さい。生地の端はこんな風に糸が巻き付いているようになってませんか?
これは布の端がボロボロほつれないようにするために、糸で布端をロックしてあるんです。
職業用ミシンではこの「ロック」ができないのです。
だから必然的にロックミシンというものも必要になってしまうのです。

ロックミシン

基本的には職業ミシンとロックミシンはセットで用意しておかないと服は作れないのです。(ほつれにくい生地を選んで、ロックミシンなしでやる!なんて荒技はもちろんありますが。。)
服飾の学校出身じゃないのに「え?普通に職業用ミシンとロックミシン使っているけど」って方は間違いなく上級者でしょう。セットでそろえるとかなりの額になってしまいます。
現在ではロックミシンは3万円から10万円(!)のものまであります。

家庭用ミシン


職業用ミシンに似てますが、コンパクトでいろんな種類の縫い目設定が可能です。パワーは職業用に劣ります。
ちなみにですが、最初に紹介したSP20も、この画像のものも「 電子ミシン」ともよびます。右手の丸いノブを手で回すことでいろいろな縫い目に変更することができるものを「電子ミシン」と呼んでいるみたいですね。
(個人的には「家庭用ミシン」っていう呼び方が一番しっくりきます)
この「縫い目変更」機能が家庭用ミシンの長所なんですよね。
なぜかというと、たとえばこういった「ジグザグ縫い」を選んで端にかければ↓

これがロックミシンの代わりになるんですよ!正確に言うとロックミシン風になるのです。
ロックミシンにはかなわないけど、「布端をほつれさせない」という機能は果たしてくれます。
他にもボタンをとめるための穴をかがる「ボタンホールかがり」機能なんてものもあります。

ちなみに家庭用ミシンの中で「電子ミシン」のランクの上に「コンピューターミシン」とよばれるものもあります。様々な機能が全部ボタン一つでできてしまう、すぐれものですが、相当値段が高いです。(中には10万円を超えるものあり。)
複雑な刺繍機能とかもあるようですが、ちょっと機能が過剰すぎる気もします。

そういった意味で最初に紹介したSP20ってミシンは機能をしぼっていてシンプルなこと、さらに買いやすい価格で好感が持てます。
こういったミシンを使って手芸好きな人が増えてくれると嬉しいなあ。



 - ミシン , , ,

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ミシン糸の太さと種類の選び方(その2)

前回ミシン糸の太さについて触れました。 今回は、ミシン針の太さについて書いてみま …

ミシン糸の太さと種類の選び方(その3)

今回はミシン糸の種類について書いてみたいと思います。 前回、前々回とミシンの糸と …

ミシンの糸調子とは?

今日は糸調子(いとちょうし)について解説いたします。 なかなか普段は聞き慣れない …

ロックミシンを持っていないみなさんへ

「ロックミシンをもっていないと、服作りや手芸はできないの?」 そんなことはありま …

ミシンの返し縫いについて

ミシンは縫い始めと縫い終わりに返し縫いをします。 「ミシンの「返し縫い」ってどの …

「針目のピッチ」について

ふと、思い出したので、忘れないうちに書いておきます。 「針目ピッチの調整」ってご …

ミシン糸の太さと種類の選び方(その1)

今日はミシンの糸の太さについて書いてみます。 通常、糸の番手は数字が多くなればな …