ヘルカ + ハンドメイド 

手作りを楽しもう!無料型紙と手芸の支援サイト

予約なし!横浜カップヌードルミュージアムの混雑状況とレビュー。

      2015/07/14

 

IMG_2406

先週の日曜日、横浜のカップヌードルミュージアムへ行ってきました!
カップラーメン好きの私としては、念願叶ってやっといくことができました。
気になる混雑状況からアクセス、どのくらいの時間楽しめるのか?までしっかりレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

カップヌードルミュージアムって何?

IMG_2387

正式名称は「安藤百福発明記念館」といいます。
インスタントラーメンの父、安藤百福(あんどうももふく)の生涯とその発明の歴史に触れることができます。

場所

みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩8分です。
「馬車道駅」より、徒歩8分。 「桜木町駅」からは徒歩12分です。

入園料金は500円です。
トータル1時間半くらいは楽しめます。

混んでた?

私は日曜日の11:30頃つきましたが全然混んでいませんでした。
入場チケット売り場もご覧の通りです。

IMG_2389

予約がいるの?

ミュージアムに入るチケットは予約は必要ありません。上の画像のカウンターですぐに買えました。
予約(整理券)が必要になるのは、「マイカップヌードルファクトリー」というオリジナルのカップヌードルが作れるアトラクションです。
ただ私が行った時は、整理券なしで体験できるようでした。

安藤百福って誰?

世界で初めてインスタントラーメンを発明した人物で、日清食品株式会社の創業者です。


写真中央のカラーの人物が安藤百福です。

IMG_2403
館内はインスタントラーメンの発明とその歴史、そして安藤百福の生涯に焦点を当てた展示になっています。

IMG_2399

百福は1日4時間睡眠で一年間即席麺の研究を続けました。もう死に物狂いです。
この様子は館内の「百福シアター」でショートムービーで見ることができます。
彼が研究に没頭したファクトリー(というか小さくて、かわいい掘建小屋)も再現されていました↓
IMG_2397

IMG_2400

激動の時代の中、類似品と戦ったり、発明を独り占めせず、そのノウハウをオープンにしたりと、「新製品の発明」という一点だけでなく、「新しい技術」をめぐる人々の思いや社会との関係性について考えさせられました。

展示はどんな感じ?

クリエイティブディレクターの佐藤可士和さんがプロデュースされているということで「クリエイエィブシンキング」がミュージアムのコンセプトになっています。
その中でも6つのキーワード

  1. まだないものを見つける
  2. なんでもヒントにする
  3. アイディアを育てる
  4. タテ ヨコ ナナメから見る
  5. 常識にとらわれない
  6. あきらめない

をコンセプトに館内が構成されています。

オリジナルのカップラーメン作った?

IMG_2405

マイカップヌードルファクトリーの様子

実は、作りませんでした。確かに少し混んではいたのですが、少し待てば作れそうな状況でした。

作らなかった理由は、梱包です。
オリジナルカップヌードルができあがると「エアパッケージ」とよばれる真空パックに入れてくれるのですが、そのサイズがけっこう大きいのです。
肩からバックのようにななめがけして持ち帰るのですが、ちょっと大きくて邪魔そうだったので遠慮しました。

もっと小さければ持ち帰りやすいのになぁ、、。

個人的に気になったこと

ここミュージアム限定の味のカップヌードルがあれば、お土産にしたかったのですが、販売していませんでした。「オリジナル」のカップヌードルを作るより時間がかからないし、あればプレゼントにもよい気がしました。どうして売ってないんだろう??

いってよかった?

はい、楽しめました。身近にある「カップヌードル」ってとんでもないイノベーションだったんですね、、。
「3分で即席ラーメンが食べられる」なんて当たり前すぎて、普段気にもしなかったのですが、そういった「あたりまえ」もすべてが先人たちの努力の恩恵なんだなと思いました。

きっと「お湯入れて3分」も緻密な計算の末での「3分」なのだと思います。
これからは時間をちゃんと測らず適当に「3分くらい」で食べたり、「硬めが好きだから2分半くらいでいいや」なんて気まぐれはもうやめます(笑)ちゃんと食べます!

そして百福のこの言葉は響きました。

IMG_2402「今のレベルでそつなくこなせる仕事だけでなく、「ちょっと無理かも!できるかどうか分からない!」という仕事も引き受けてやってみなさい!」
と百福に言われている気がしました。

IMG_2404

なぜか百福は全身シルバーコーティングで展示されていました、、。
そして一連の展示を見たあとは、無性にカップラーメンが食べたくなりました。

ではでは!

 - 日常生活

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

no image
日常をイベントにするということ

それは六本木のミッドタウン内にもありました。 新宿高島屋の上層階にもありました。 …

no image
備えあれば憂いなし!絶対しよう、データの複製保存!

今日のテーマは裁縫のことではありません(スミマセン!) でもきっと皆様にも大切な …

子供の頭によいカードゲーム!テレビに飽きたらお正月は「アルゴ」で遊ぼう!

あけましておめでとうございます! 2014年もよろしくお願い致します。 皆さん、 …

no image
今っていい時代?悪い時代?

日本がバブル経済に浮かれていた頃、自分は小学生でした。 子供だったのでどんな時代 …

スカートをリメイク!クッションカバーの作り方(その1)

ずっと長く大事に着てきた服。 最近は全く着なくなっちゃったけど思い入れがあって捨 …

「ストールの作り方」〜作成編〜動画upしました! How to make your original stole (movie)

こんばんは! 今日から4月ですね! お約束から一日遅れてしまいましたが「ストール …

神楽坂 寿司アカデミーに行ってきました!

  小雨が静かに降る昼過ぎ、神楽坂にあるお寿司屋さん「寿司アカデミー」 …

手作りしてみた!クッションカバーの作り方(その3)

シリーズで書いてきたクッションカバーがついに完成しました!仕事の合間、合間に少し …

においも取れて色落ちなし!ジーンズの画期的な洗い方!

だれでも「お気に入りのジーンズ」の一本や二本は持ってますよね? ところで皆さん、 …

no image
幼稚園グッズ コップ袋の作り方動画UPしました!

幼稚園で使うコップ袋の作り方、動画UPしました!   こちらのプリント …