ヘルカ + ハンドメイド 

手作りを楽しもう!無料型紙と手芸の支援サイト

生地、足りてる? 服を作るのに必要な要尺(ようじゃく)を計算してみよう!

      2015/07/14

要尺とは
夏が近づくと無性にカレーが食べたくなるヘルカです。(すいかの影響です。たぶん、、)
カレーのレシピを調べると、じゃがいも一個、にんじん1/2本、水600mlなどなど、、必要な材料が具体的な「量」で書かれていますよね?
服にも作るために必要な布の「量」があります。
今日は、服を作るのにかかる布の量(生地の長さ)、「要尺」(「ようじゃく」と読みます)について触れてみます。

スポンサーリンク

要尺(ようじゃく)とは?

一つの服を作るのにかかる布の長さを要尺(ようじゃく)といいます。(用尺と記載されることもあります。「このスカートを作るのに必要な要尺は◯◯メートルね」というような使い方をされます。

服作りの要尺に目安ってあるの?

では一般的にどのくらいの要尺が必要なのでしょうか?大人服で紹介します。

スカートの場合

スカートの場合はおおよそ以下のとおりになります。
要尺スカート
真ん中の欄が生地幅になります。(生地幅ってなに?という方は前回の記事をどうぞ!)
生地幅によって必要な要尺が異なってきます。
スカート丈(たけ)はスカートの上端〜下端までの長さのことです。
こちらの要尺はあくまで平均的なスカートの目安で、ギャザースカートなどはもっと布が必要になることがあります。

ワンピースの場合

要尺ワンピース
ワンピースの場合は着丈(首の後ろ〜下端までの距離)にプラスして袖(そで)の部分も必要になります。上図はシンプルなワンピースですが、デザインが複雑になると、もっと生地が必要になることもあります。その逆にノースリーブなどは「袖パーツ」が必要ないので、使う布の量も少なくなり、要尺が少なくなります。

ブラウスの場合

要尺ブラウス
ブラウスも上のワンピース同様「袖」がありますので袖丈分をたして算出します。

要尺は材料費に直結する!

服を作るときに必要な物はボタン、ファスナーなどもありますが生地代、布代が一番お金がかかります。無駄なく生地を使ってできるだけお財布にも優しくありたいものです。

この生地安い!ちょっとまって!それって本当?

生地屋さんで「この布かわいい!しかも安い!」と思ったら、、、ちょっとまってください。値段が安くても生地幅が90cmでしたら、面積が狭くなり、効率的にパーツを取ることができない場合があります。
一見少し高価でも110cm幅のほうが生地幅が広い分、面積も広くなるので、90cm幅の生地より、効率的に無駄なくパーツを取ることができる場合があります。
要尺比較

生地を買うときは値札の値段だけではなく、常に作りたいものの「要尺」を意識すると、トータルのコストが分かり、より無駄なく節約して購入することができます。

今日のまとめ

  • 服を作るのに必要な布の量(長さ)を要尺(ようじゃく)という。
  • 作るアイテムによって必要な要尺のの目安は一応あるが、デザインによって変わることもある。
  • 要尺は生地幅により変わってくる。
  • 生地を買うときは値札の値段だけでなく、生地幅に応じた「要尺」を意識することで、トータルのコストがわかる。

ではでは!

 - 布・生地

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

スクリーンショット 2014-03-31 22.55.40
生地の表と裏の見分け方 how identify the front and back of cloth

  「生地を買ったんだけど、どっちが表でどっちが裏か分からないや、、」 …

生地幅1
生地幅の種類を覚えよう!シングル幅とダブル幅

生地屋さんで売られている生地は素材によって幅が違います。 (生地の幅とは生地の端 …