ヘルカ + ハンドメイド 

手作りを楽しもう!無料型紙と手芸の支援サイト

初心者向け!プロが教える失敗しないミシン選びとおすすめミシン


初めてのミシン購入、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね?
高いお買い物なので失敗したくないものですね。
実は購入の際に押さえておくべきいくつか大切なポイントがあります。
ミシンを初めて購入される方向けに、購入の際のポイントとおすすめミシンについてまとめました。
初めてのミシンを購入予定のAさんとの会話形式でご説明します。

初めてのミシン購入!どうすればいいの??

ミシンの購入を考えているAさん。ミシン選びの参考になると幸いです。

Aさん
はぁ〜〜 困った〜
ヘルカ
どうしたんですか?
Aさん
娘が入園するので手作りしてあげたくて、ミシンの購入を検討しているんですけど、いったいどれを選べばいいのか、分からなくて、、
値段も安いものから高価なものまであるし、、
ヘルカ
なるほど。確かにミシンには本当にたくさんの種類があるので迷ってしまいますよね?
初めて購入するときの不安な気持ち、とても分かります。
実はミシンには予算や用途など選ぶのにいくつか大事なポイントがあるんです。
よろしければガイドしますよ!
Aさん
高いお買い物なので失敗したくないんです!
ぜひぜひ教えてください!

ミシンには大きく分けて三種類ある

ヘルカ
おまかせください!
まずミシンにはどんな種類があるのか見てみましょう。
ミシンには大きく分けて

①家庭用ミシン

②職業用ミシン

③工業用ミシン
の三種類があります。
Aさん
はい(メモメモ)

ミシン画像

ヘルカ
まず②の職業用ミシンと③の工業用ミシンは検討しなくてOKです。
Aさん
どうしてですか?
ヘルカ
③の「工業用」と呼ばれるミシンは主に、縫製工場(ほうせいこうじょう:服を作る工場)向けに開発されたものなのです。大きいし本当にプロ向けでメンテナンスも大変。買う必要はありません。
Aさん
ふむふむ
ヘルカ
次に②の「職業用ミシン」とはこのようなものをいいます↓
ヘルカ
職業用ミシンは工場で使う工業用ミシンとご家庭で手芸を楽しむための家庭用ミシンの中間のミシンのことをいいます。
服飾の専門学校の学生が入学したら買うミシンですね。
初心者の方はこちらの職業用ミシンも購入する必要はありません。
Aさん
アマゾンでも星がついていますけど、どうしてですか?
ヘルカ
職業用ミシンはたしかに縫いやすいのですが、直線普通縫いしかできないんです。普通にまっすぐ縫う機能しかありません。
服や小物を作るとなると、布の端を始末するロックミシンなどが別途必要になってしまうんです。
Aさん
ロックミシンって何ですか?
ヘルカ
ロックミシンとはこのようなミシンをいいます↓
ヘルカ
ロックミシンは布の端がほつれないようにするためのミシンです。
Aさんの服の裏側の端を見てください。こんな感じに糸がかかっていませんか?

Aさん
あ、ほんとだ。
ヘルカ
この縫い代始末が職業用ミシンだけではできないので、ロックミシンも必要になってしまうんです。
職業用ミシンとロックミシン、2つを買うと結構なお値段になってしまいますよね?
Aさん
たしかに高いですね、、
ヘルカ
その点、これからご説明する家庭用ミシンは普通縫い機能にプラスして、ジグザグ縫い機能(ロックミシンの代わりになるもの)がついているんです。
Aさん
へぇ、そうなんですね
ヘルカ
まずは家庭用ミシンを購入して小物や服をたくさん作ってみてください。
今の家庭用ミシンは昔のものと比べても性能もいいので十分作れると思います。
そして物足りなくなったら、(もっともっと難しいものを作りたくなったら)職業用ミシンとロックミシンの購入を検討してみてくださいね。
♣ここがポイント!:購入するミシンは「家庭用ミシン」と呼ばれるジャンルから選ぼう!

家庭用ミシンの種類と特徴

まずは目的、使い方を確認!ミシンで何が作りたいですか??

ヘルカ
それでは家庭用ミシンについて見ていきましょう。Aさんのミシン購入の目的は「娘さんの幼稚園グッズを作る」でしたね?
Aさん
はい。でもせっかくミシンを購入するのですから、入園グッズを作った後も、小物や娘の服が作れたらいいなって考えています。
ヘルカ
お子さんの服を手作りできたら素敵ですよね!
今後「服」を作りたいとのことですが、服を作る際にミシンにあったほうがよい機能があります。
それは縫い代始末機能ボタンホール作成機能です。
Aさん
(メモメモ)
ヘルカ
縫い代始末機能はさきほど説明したジグザグ縫いができるかどうか?ですね。
それとボタンホールはボタンを通す穴のことをいいます。
Aさん
はい、はい
ヘルカ
家庭用ミシンを購入する際はこの2つの機能がついているかを確認してくださいね。
♣ここがポイント!:今後、服を作っていくなら、「縫い代始末機能」と「ボタンホール作成機能」が付いた家庭用ミシンを選ぼう!

家庭用ミシンはいくらくらいのものを買えばいいの?

Aさん
ヘルカさん、さっそく「家庭用ミシン」をネットで調べてみました。
同じ「家庭用ミシン」と呼ばれるミシンでも価格が比較的安いものから高いものまであるんですね?
やっぱり安いものはすぐに壊れてしまったりするんですか? 
ヘルカ
価格の差は機能の差といえます。後ほど詳しく説明しますが、複雑な刺繍ができるミシンになればなるほど、そのぶん高価になるイメージです。
家庭用ミシンの機能と価格のバランスを考慮すると、3万円〜5万円くらいのものを購入することをおすすめします。

複雑な刺繍ができるコンピュータミシンは高い。でも本当に刺繍機能って必要?

ヘルカ
家庭用ミシンには電子ミシンコンピュータミシンがあります。
細かい違いはたくさんあるのですが、ざっくりいうと以下の通りです。

Aさん
娘が持ち物に名前の刺繍が入れられたらいいなって思います。
そうなると複雑な刺繍ができるコンピュータミシンのほうがいいのかなって思うんですけど、いかがですか?
ヘルカ
幼稚園でなくしたりしないように、他の子のものと区別がつくように、持ち物に名前を入れたいですよね。
どうしても刺繍で入れたい!となるとコンピュータミシンがよいかもしれません。
でももし「名前を入れること」が目的でしたらこういったものもありますよ。
Aさん
へえ〜こういうものがあるんですね!知らなかったです。
ヘルカ
お近くの手芸屋さんでも売っていると思いますのでぜひ探してみてください。
名前など複雑な刺繍ができるコンピュータミシンはその機能の分だけ値段が高くなります。でも機能が複雑になればなるほど、実際あまり使わない場合も多いんです。
できるだけ目的をしぼってシンプルなものにするのがおすすめです。そのほうがお財布にもやさしいです。
Aさん
なるほど!たしかに名前以外には刺繍って使うイメージがないかも、、、
使わない機能に高いお金をだすのももったいないかもしれませんね。

♣ここがポイント!:名前など複雑な刺繍ができる高機能コンピュータミシンはその機能の分だけ値段が高くなる。
 本当に自分に必要な機能か考えてみよう!

使いやすいのが一番!家庭用ミシン購入のチェックポイント

ヘルカ
ヘルカの家庭用ミシン購入の際のチェックポイントはズバリ、以下の通りです。
  1. 機能がシンプルなもの。
  2. しっかり縫えるもの。(ある程度の厚い生地のものも縫える)
  3. ボタンホール作成機能、布端かがり機能(ロックミシンの代わり)があるもの。
  4. 重くなくて出し入れが楽なもの。

機能がシンプルなもの

ヘルカ
さきほどご説明した件ですね。目的をしぼって購入しましょう。

厚手の生地もしっかり縫えるミシン

ヘルカ
厚手の生地だと針が進まなくて、とまってしまうミシンがあるんです。
厚手の生地でもしっかり縫えるミシンをおすすめします。

ボタンホール作成機能、布端かがり始末機能(ロックミシンの代わり)があるミシン

ヘルカ
Aさんは、幼稚園の入園グッズの後も服などを作っていきたいですよね?
その際にはボタンホール作成機能布端かがり機能が必ず必要になってきます。
Aさん
ボタンホールって何ですか?
ヘルカ
ボタンホールとはボタン穴のことを言います。
Aさん
もうひとつ布端かがり機能って何ですか?
ヘルカ
はい、生地の端はハサミで切るとほつれてくるんです。
通常の服はロックミシンと呼ばれれる特殊ミシンで布端を処理しています。
先ほどご説明したとおりロックミシンは単体でも購入できるんですが、ミシン本体と別々に買うと高価です。
初心者の方は家庭用ミシンについている「ジグザグ縫い」で布端の処理をすることをおすすめします。

重くなくて出し入れが楽なミシン

Aさん
最後のポイントに「重さ」ってありますが、これってミシン本体の重さですか?重さって大事なのですか?
ヘルカ
ハイ、とても大事です!けっこう見落としがちなポイントなので説明しますね。Aさんはミシンを使うときは家の中のどこで使いますか?
Aさん
ええっと、ある程度広いスペースが必要なので、キッチンのダイニングテーブルで作業すると思います。
ヘルカ
そうですよね。みなさんダイニングテーブルの上にミシンを置いて作業をすることが多いと思います。そして作業が終わればまた片付けますよね。
Aさん
はい、ご飯を食べるときには片付けます。
ヘルカ
重いミシンの場合この「出してくる」&「片付ける」の作業がとてもおっくうになるんです。
私も含めて人間はとてもめんどくさがりです。
出して準備するのがめんどうくさい→自然とミシンから遠のいてしまう
ということになりがちなんです。
Aさん
たしかに!
言っている意味よく分かります。私もめんどくさくなると、もういいや!ってなっちゃいます。
ヘルカ
せっかく買うのですからスキマ時間にこまめに使って楽しみたいですよね。
こまめに使う=こまめに出し入れしやすい軽いミシンを選んだほうがいい
ということなんです。

ヘルカのおすすめミシンはこれ!


Aさん
ミシン選びのポイントがだいぶ分かってきました!
ところでヘルカさんのおすすめミシンはありますか?
ヘルカ
はい、あります。ヘルカのおすすめミシンはこちらアイシンSP20です。

ヘルカ
実際に使ってみましたが、家庭用ミシンとして機能と価格のバランスがとれたよいミシンです。
きちんと確認するため、実際に飾り縫いも、あらゆる角度からたくさん試してみました。

Aさん
実際に縫ってみて、ヘルカさんの印象はどうでしたか?
ヘルカ
はい、使ってみて細かい工夫、小さな気遣いがたくさんあるミシンです。
初心者の方にとくにおすすめできます。
Aさん
SP10というのもありますが、どうしてSP20がおすすめなのですか?
ヘルカ
個人的にSP20をおすすめする理由は2つあります。
1 .SP10より飾り縫いが豊富なこと
2.針目のピッチ(針目の間隔)がダイヤルで調整できること
です。
Aさん
ふむふむ

ヘルカ
SP20は電子ミシンなので刺繍で名前入れはできませんが、飾り縫いが豊富なんです。
下写真の上がSP10の飾り縫い、下がSP20の飾り縫いになります。

Aさん
わぁ!飾り縫いの種類が多い!
ヘルカ
これだけ飾り縫いがあれば、創作の幅が広がりますよね。
ヘルカ
もうひとつはダイヤルで針目のピッチが調整できることです。
Aさん
針目ピッチって大事ですか?
ヘルカ
はい、大事です。創作を続けていくと、これからAさんは様々な種類の素材を縫っていくと思います。
その際、生地にあわせて細かな調整ができると作品の完成度があがりますよ。

ミシンと一緒に購入したほうがよいもの

ヘルカ
そうそう、フットコントローラーは絶対にミシンと一緒に購入してください。
Aさん
どうしてですか?
ヘルカ
フットコントローラーがあると足でミシンを動かすことができるんです。
両手が自由に使えると、手先に気持ちが集中できるので、よりきれいに作品を縫うことができるんです。
Aさん
フットペダルはミシンと一緒に購入する、と(メモメモ)

さぁ、創ろう!ミシンは「世界にたった一つ」が創れる魔法の道具!

ヘルカ
以上で説明は終わりです。
「創る」って本当に楽しいことなんです。
「これ作ってみよう!」とか「これを試してみよう!」とか創造力を働かせているときって、みんなイキイキしますよね。
Aさん
はい!娘とおそろいの帽子とか服を創って着れたら素敵ですよね!
なんだかわくわくしてきました!!
ヘルカ
そう思っていただけて嬉しいです!
ミシンは世界でたったひとつのものをあなた自身の手で作れる魔法の道具です。
「わくわく!」を大切にぜひ手作りを楽しんでみてくださいね!




最終更新日:2017/03/27