ヘルカ + ハンドメイド 

手作りを楽しもう!無料型紙と手芸の支援サイト

失敗したくない!プロが教える初めての安心ロックミシンの選び方 


「そろそろロックミシンを買ってみたいな、、。」
「ロックミシンっていくらくらいのものを買えばいいんだろう?」
「たくさん種類があってどれを選べばいいか分からない」

ロックミシンを使用すれば作品の完成度が既製品並になり、
実際に商品として売ることも可能なクオリティにすることができます。

とはいえ、いざ購入となると、考えなければならないことが多くて迷ってしまいますよね?
ロックミシンの機能、価格帯、更にはヘルカが実際に使用しているおすすめロックミシンについて解説しますね。

ロックミシンとは?

ロックミシンは裁ち端処理「専用」ミシン

家庭用ミシンを使用しているときは「ジグザグ縫い機能」を使用して裁ち端を処理していたと思います。
しかしあくまでジグザグ縫いロックミシンの代用。
生地によっては不安定な始末になってしまうこともあります。
ロックミシンは裁ち端処理専用ミシンです。ジグザグ縫いよりきれいに確実に処理することができます。
見た目も既製服(お店で売っている服)と変わらない完成度の高い処理をすることができます。

ヘルカ
♣ここがポイント!
ロックミシンは裁ち端処理専用のミシン。生地の裁ち端がほつれないようにきれいに処理することができます!

ロックミシンの予算・価格は?

価格・予算の目安は?

次に予算をみてみましょう。
ロックミシンも安いものから高いものまでいろいろありますよね。
安物は性能が良くないイメージがありますし、せっかく高い買い物なので失敗したくないですよね。
価格は3.5万〜5万円までみておけば、良い性能のロックミシンを購入できます。

ヘルカ
♣ここがポイント!
10万円を超えるロックミシンもありますが、通常は5万円まで出せば十分高性能なロックミシンが購入できます!

1本針2本ロック?2本針4本ロック?糸の本数は多ければ多いほどよいものなの?

ロックミシンの価格差の一つの要因が、「糸」の本数です。
ここでいう「本数」とは設置できる糸の本数のことを言います。
本数が増えれば増えるほどより多様な始末ができるようになり価格は高くなります。
では実際には何本針何本ロックのものを購入すればいいのでしょうか?

おすすめは2本針4本糸のロックミシン

糸の本数とは実際にロックミシンにセットできる糸の本数をいいます。

ずばりおすすめは2本針4本糸のロックミシンです。
理由は2つあります。
理由は素材を選ばずに使用できること。
ジャージ・ニット地縫い代もできること。
順番に見ていきましょう。

理由その1:2本針4本糸のロックミシンなら生地の素材を選ばず使える。

2本針4本糸のロックミシンは生地、素材を選ばず使用することができます。
また糸を一つ外して3本糸としても使用可能です。

二本糸のロックミシンは裁ち端の処理として少し不安定ですが、3糸なら安定するので安心です。

理由その2:ジャージ・ニット地も縫うことができる。

2本針4本糸のロックミシンのもうひとつの特徴はジャージ・ニット地を縫う場合、一度に地縫いとロック処理ができることです。
「地縫い」してからロックミシンではなく、ロックミシンだけで縫うことができます。

ヘルカ
♣ここがポイント!
ロックミシンを目一杯使って創作を楽しむなら、2本針4本糸のものがおすすめです!

ヘルカのおすすめロックミシンは「jukiロックミシンMO-114D」


ヘルカのおすすめはこちらのJUKIロックミシンMO-114Dです。
私も実際に家庭で使用していますが、とても性能が良く安定感があるロックミシンです。

MO-114Dの詳細

糸調子の細かな調整もできます。糸も三色表示で分かりやすいです。

糸通し箇所にはカラーイラストで通し手順が描かれているためわかりやすいです。
イラストにしたがって落ち着いて通せば大丈夫です。

MO-114Dの口コミ

こちらのロックミシンはとても使いやすく思っていたより使い方が簡単でした。
又SPUR25TL25DX同様、とても綺麗に縫えますし、どちらも買って良かったと思っております。
出典:MO-114Dのレビュー

(人によりけりですが)ブラザーよりも使い勝手がよく、さらに糸通しも簡単!
自分が買ったのは2代目ですが、最初からこちらで買うべきだったと後悔するくらいの高性能です。
値段・長期間の保障・糸通しなどの使い勝手の良さ・・・・
4万と高そうに思えますが、その値段以上の働きを見せてくれます。
出典:MO-114Dのレビュー

保証があると初心者さんは更に安心!

通常は1年のメーカー保証がついていますが、販売店でプラス年数の保証がつけられるのであれば、つけることをおすすめします。
高いお買い物で、なおかつこれからずっと使っていくものです。
追加年数保証がつけられる場合は、つけたほうが安心です。

作家さんになるのも夢じゃない!ロックミシン+職業用ミシンがあればプロと同じものが作れる!売れる!

以上でロックミシンの選び方の説明は終了です。
ロックミシンと職業用ミシンがあれば、プロと同じ環境で同じものが作れます。
minneなどに出店している作家さんもこの組み合わせで実際に作品を作り、販売しています。


 ロックミシンを使いこなせるようになり、その作品をご家族やお友達に見せたらきっと
「それ本当に自分で作ったの!?すごい!」
「私にも作って!!」
と驚かれるでしょう。
そのくらい作品の完成度が上がります。
初心者からステップに進みたい方、実際に作品を販売してみたい方、将来作家さんデビューを目指す「作家のたまご」のみなさんはぜひ検討してみて下さいね。

 -

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加