ヘルカ + ハンドメイド 

手作りを楽しもう!無料型紙と手芸の支援サイト

ボタンの付け方(基本編:シャツ&ブラウス)動画アップしました!

      2015/07/18

ボタン.001

 

前々回は玉止め&玉結び、前回は一本取り&二本取りと、針と糸を使った基本的なテクニックを紹介しました。
今日はそれらのテクニックを使っての応用編です。

シャツ&ブラウスのボタンの付け方を紹介します。
シャツやブラウスのボタンってポロッと取れてしまうことありますよね? それで取れたままでおいておくとボタン無くちゃうんですよね〜。
なくす前につけ直す!これポイント!
できるだけ分かりやすく、簡単にボタンをつける方法を紹介してみます!

スポンサーリンク

針と糸を用意しよう

ところで、みなさん、針と糸はお持ちですか??
もし持っていなければ、お近くの100円ショップで買ってきましょう。
私も近所の100均で買ってきました↓

糸も針も100円です。

糸も針も100円です。

「100均の糸で大丈夫?ちゃんとした糸のほうがいいんじゃないの?」なんて不安に思う方もいるかもしれませんが、全く問題ありません。この写真のような商品が皆様の近所の100円ショップでも見つかると思います。

針と糸を選ぶときのポイントってあるの?

購入の際、注意するポイントは糸の色糸の番手(太さ)です。

取れてしまったボタンを付け直したい場合は、その服の他のボタン付け糸の色を確認して下さい。
おそらく糸の色も、服の色かボタンの色に合わせたものを使っていると思います。
(自分が購入した糸セットは、白、黒、青、ベージュと基本的な色はそろっていました。
これだけそろっていればひとまず、近い色は見つかるかなと思います。)

糸の番手(太さ)はこちらを見て下さい↓

左下に30と書かれています

左下に”30″と書かれています

この”30″というのが糸の太さを表すものです。よってこの糸は30番手ということになります。

一般的にはこの30番手の糸があればボタン付けは事足ります。
もし、”30″と書かれていない糸でも、100均にある写真のような糸ならば使用して大丈夫です。

さっそくボタンをつけてみよう!

ではさっそくやってみましょう!例によってプリントです↓

シャツ&ブラウスのボタンの付け方

こちらが動画です↓

お役に立てればハッピーです。ではでは☆

 

 - おさいほうの基本, お直し・修理 , , , ,

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

”地の目”ってなに?

前回の投稿からあっというまに10日経っていました。 この10日間はひたすら目の前 …

動画で簡単!自分で修理!「コートボタンの付け方」をわかりやすく解説しました!

  11月に入り、気温が下がってきました。 いよいよ冬本番。 もう少し …

ズボンのすそを自分であげてみよう!〜パンツの裾上げのやり方〜

「お店でスボンの裾(すそ)を上げると、後日また取りにいかなくちゃいけないから面倒 …

接着芯とは?芯の選び方と貼り方

服作りでは布の他に「接着芯(せっちゃくしん)」とよばれる資材を使用します。 すで …

破れた服の修理方法!

仕事が仕事ですので、たまにプライベートでも洋服の修理をお願いされます。 今回はワ …

パイピングってなに?

手芸ではよく「パイピング」という言葉が出てきます。 パイピング、パイピングテープ …

お手持ちの服をカスタマイズしよう! ボタンをかえてみよう(その①)

服を作るのはハードルが高そうだけど、もっている服に少しアレンジを加えてみたい。 …

手芸や服作りでよく使うテクニック!「タック」を覚えよう

服作り、手芸では「タック」というテクニックをよく使用します。 タックとは布をつま …

合い印(ノッチ)ってなに? Notch mark ?

  今日は、温かかった(というか、暑かった)ですね! さらに花粉も尋常 …

お手持ちの服をカスタマイズしよう! ボタンをかえてみよう(その②)

前回に引き続き、「ボタンを替えてみよう」パート2です。 前回はブラウスの袖口のボ …