ヘルカハンドメイド 

服の型紙100型以上が全て無料!ヘルカハンドメイド

縫い代とは?役割と付け方を詳しく解説

      2021/11/14

服作りでよく出てくる「縫い代」という言葉について解説します。
縫い代の役割と、付け方についても詳しく解説します。

スポンサーリンク

縫い代とは?

「ぬいしろ」と読みます。
みなさんがもっている服の縫い目の裏側を見てみてください。

このようになっていませんか?

服の縫い代

このミシンの縫い目から端までの部分を「縫い代」といいます。

この部分の幅を縫い代幅(ぬいしろはば)といいます。

縫い代はなんのためにあるの?

パーツ同士を縫い合わせるのに必要

基本的に服は二枚の布をミシンで縫い合わせて作成していきます。

その際に、縫い合わされる部分が縫い代です。
縫い合わされた箇所はそのまま服の内側に出ます。

こちらは先程の画像の表側↓
表側は縫い目のみになります。

服の縫い目

よく紙の工作で記載されているのりしろをイメージしてもらえばわかりやすいと思います。

のりしろも「のり」で貼り合わせる箇所をいいますよね?

「縫い代」はパーツ同士を縫い合わせるのに必要なもの、とおぼえておいてください。

ここがポイント!
縫い代はミシンでパーツ同士を縫い合わせるのに必要

縫い代の

実際に縫い代をミシンのイメージをスライドにしましたので、御覧ください。

縫い代つき型紙と、縫い代なし型紙について

服の型紙には縫い代つき(縫い代込み)のものと縫い代なしのものがある

縫い代は布を縫い合わせるために必要なものであることがわかりました。

服の型紙には
縫い代つき(縫い代込み)のもの



縫い代なしのもの

の二種類があります。

このように端から内側にもう一本線がある型紙はわかりやすいですね↓

縫い代つきの型紙


内側が実際にミシンで縫う線で、外側の幅が縫い代になります。

ただ、市販の洋裁本の付録型紙には縫い代がついていないものもの、あります。

ハトロン紙の使い方その1

そのようなものは自分で縫い代をつける必要があります。

ここがポイント!
型紙には「縫い代あり(縫い代込み)」のものと「縫い代なし」のものがある
「縫い代なし」のものは自分で縫い代を付けなくてはならない

縫い代のつけ方

専用の定規があると便利

縫い代は指定の寸法に平行に縫い代を付けていきます。

このような専用の定規があると、縫い代つけ作業がはかどります。

1cm,1.5cmなどメモリがついているので、縫い代付けが楽です。

具体的な縫い代の付け方についてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

>参考記事:定規を使って型紙に縫い代をつけてみよう

失敗せずに縫い代ぴったりに縫うには?

縫い代ガイド、ステッチ定規があると便利

縫い代同士を合わせてぴったりミシンで縫うにはステッチ定規があると便利です。

こちらか職業用ミシンのステッチガイドです↓

「職業用ミシンって何?」という方にはこちらの記事で詳しく解説しています。

参考記事>職業用ミシンとは?家庭用ミシンの違いとおすすめ品を紹介

家庭用ミシンを使用している方にはこちらがおすすめです↓

ステッチ定規についてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

>参考記事:あると便利!ステッチ定規の使い方

今日のまとめ

  • ミシンで縫い合わされて、服の内側にくる部分を「縫い代」という
  • 型紙には縫い代あり(縫い代込み)のものと、縫い代なしのものがある
  • 縫い代なしのものは自分でつけなくてはならない
  • 縫い代を幅ぴったり縫うにはガイド定規があると便利

ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロードできます
ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロード印刷できます。

ダウンロードページはこちら

また、新作無料型紙は公式インスタグラムで随時お知らせしています。
フォローしていただけると最新型紙をお知らせできます。

ヘルカハンドメイド公式インスタグラムはこちら

【未経験&初心者OK】ハンドメイドライターになって+αの収入UPを目指そう!


ハンドメイド作品を「売る」のではなく、ハンドメイドについて「書く」ことも収入アップにつながります。

「好き」を仕事にできる

「ハンドメイド」に関する記事を作成します。
皆さんの「好き」や「感性」を目いっぱい活かせます。

在宅でできる

すきま時間を有効に活用できます。
わかりやすいマニュアルもあるので、ご自分のペースで取り組むことができます。

【チャットサポートあり!】伝わる文章術が身につく

オンライン、チャットによるサポートで、分かりやすく、伝わる文章が書けるようになります。


ライティングスキルは、ほぼすべての業務に役に立つスキルです。


「伝わる文章術」を身に着けて、スキルアップを目指しましょう!

服や小物だけが、「作品」ではありません。
「文章」も立派なハンドメイド作品です。

ハンドメイドライターとして、ぜひみなさんの感性を活かしてみませんか?

「ブログライター体験募集」詳細をとりあえず見てみる

 - おさいほうの基本

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ボタンの付け方タイトル
【動画あり】ボタンの付け方を詳しく丁寧に解説!

今日はボタンの付け方について解説します。 今日はシャツ&ブラウスのボタンの付け方 …

きりじつけってなに?

こんにちは! 最近よい言葉に出会いました。 「頭は臆病だか、手は臆病ではない」 …

服の作り方 手順と必要なものを詳しく解説

服作りに必要な道具、必要な手順を詳しくまとめました。これから手芸や服作りをしてみ …

服の型紙の合印(ノッチ)とは?

今日は服の型紙に記載されている「合印」について解説します。 合印(あいじるし)と …

厳選!初心者さんでも縫いやすいおすすめの生地・布は?

みなさんはどんな基準で布を選んでいますか? 「見た目かわいい布!」 という方が大 …

バイアステープとは?その特徴と作り方を詳しく解説!

前回はパイピングについて説明しました。 今回はそのパイピングをするのに使う「バイ …

生地の地の目とは?

今日は手芸や服作りでよく使われる用語「地の目」について解説します。 「地の目を通 …

接着芯タイトル
接着芯とは?選び方と使い方を詳しく解説

服作りでは布の他に「接着芯(せっちゃくしん)」とよばれる資材を使用します。 「接 …

手縫いの基本!縫い糸の「1本取り」と「2本取り」ってなに??

手縫いの場合、針に糸を通す方法は二種類あります。「一本取り」と「二本取り」につい …

袖?衿?前身頃?服のパーツ名の意味を覚えてみよう!(その1)

服はパーツを縫い合わせて作られています。そのパーツには実はそれぞれ名前があります …