半返し縫いとは?メリットとデメリット、やり方を詳しく解説

ミシンではなく「手縫い」で小物などの作品作りを楽しんでいる方も多いと思います。

今日はその手縫いの中でもよく使う「半返し縫い(はんかえしぬい)」について解説していきます。

半返し縫いのやり方から、メリットとデメリット、さらには使うシーンまで詳しく解説していきます。

目次

半返し縫いとは?

\100型以上の型紙が無料/
ヘルカハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロード印刷できます。
>無料の型紙一覧はこちら

半返し縫い(表)

手縫いの手法の一つで、針を半分返しながら縫う方法をいいます。 

半返し縫いのイメージ

一般的な手縫いの方法である「なみ縫い」より丈夫に仕上がります。 

半返し縫いの断面図

半返し縫いは横から見るとイメージがしやすいです。

半返し縫いの断面図

図のように半分針を返しながら縫っていきます。
糸が重なり、締まるので、生地をしっかり固定することができます。

半返し縫いのメリット

手縫いなのに丈夫

手縫いの半返し縫い

半返し縫いのメリットはその丈夫さです。

糸を半分返しながら縫うので、生地が締められ、しっかりと縫い付けることができます。

ミシン縫いには及びませんが、半返し縫いは手縫いの中でも強度がある縫い方です。

一般的に手縫いはミシン縫いと比べて、弱く、洗濯等でほつれてくることがあります。

その点この半返し縫いはしっかりしています。

手縫いで何かを作りたい方は、この半返し縫いを「縫いの基本」と考えるとよいでしょう

半返し縫いは、手縫いの中でも丈夫な縫い方の一つです。

半返し縫いのデメリット

ヘルカ

半返し縫いは手縫いだけど「強度」があるよ!

裏側は糸が重なり見た目が良くない

 半返し縫いのデメリットとして「裏の縫い目がきたなくなる」があります。

こちらの画像を御覧ください。

半返し縫いの裏側

このように半返し縫いは、その特性上、裏の糸が重なります。

半返し縫いは丈夫な縫い方ですが、裏面の見た目が少しきたなくなるのがデメリットです。

手縫いで作品を作るときは、「中縫い」だけ半返し縫いにするのがおすすめです。

中縫いだけに使用すれば、糸の重なりは外に見えません。

薄い生地だとひきつれシワがでる

半返し縫いは半分もどり、糸で引き締めながら縫う手法です。

そのため薄手の生地を半返し縫いすると、糸の引き締めにより、縫い目にシワが出ることがあります。

こちらは薄手のタフタを半返し縫いしてみました。

タフタ生地の半返し縫い

タフタのように高密度で薄手の素材で半返し縫いをすると、縫い目にシワがでる可能性があります。

薄手の生地で半返し縫いをする際はご注意ください。

ヘルカ

半返し縫いのデメリットは、縫い目がややきたなくなることです

半返し縫いのやり方

実際に半返し縫いをしていきましょう。

まず針を刺します。

半返し縫いのやり方しの1

①針を半分返します。
②その後針を進めます。

半返し縫いのやり方しの2

①と②を繰り返していきます。

半返し縫いのやり方しの3

繰り返し針を進めていって、半返し縫いの完成です。

半返し縫いの完成

半返し縫いのコツ Q&A

糸は一本取り、二本取り?

普通の縫い目だったら一本どり、さらに丈夫にしたいポイントなら二本どりがいいでしょう。

一本どり、二本どりってなに?という方はこちらの記事で詳しく解説しています。

>参考記事:糸の一本どりと二本どりとは?

二本どりで、さらに丈夫にしたいポイントとは、「面ファスナー」を縫い付けるときなどです。

面ファスナー

面ファスナーは何度も取り外しするので、力(ちから)がかかりますよね?


このように力がかかるパーツは二本どりのほうが、より安定します。

通常の地縫いなら一本取り、より丈夫にしたい箇所は二本取りにしましょう。

ヘルカ

通常の縫い目の糸は一本どり、力がかかる箇所は二本どりとおぼえよう

どのくらいの間隔で縫っていけばいいの?

駒杯針目で短く返していけば、その分丈夫になります。
しかし、なかなか針が進まずに、完成させるのに時間がかかってしまいますよね?

目安としては、表の糸の長さが3mmほど出るイメージで縫うとよいでしょう。

半返し縫いの間隔

このピッチでしたら 、どの生地でも安定感が出ます。

ヘルカ

間隔は3mmくらいを目安にしてみてね

半返し縫いに向いた素材ってあるの?

前述のとおり、薄手の素材は半返し縫いの際に、縫い目にしわが出る可能性があります。

半返し縫いは、中肉の厚さの綿や麻素材などの天然繊維との相性がよいです。

しわも目立ちずらいですし、天然素材のざっくり感が手縫いの「素朴な感じ」と見た目もマッチします。

逆に考えると、ポリエステルタフタなど薄手で高密度のものとは相性が悪いです。

薄手で高密度のものは、前述のとおり、しわが寄りやすいからです。

ヘルカ

綿や麻など、ややざっくりしていて、中肉の生地は半返し縫いに向いているよ!

なみ縫いと半返し縫いはどう使い分けるの?

なみ縫いより安定するので、「手縫いは基本、半返し縫いにする」という考え方でOKです。

なみ縫いはやはり安定しません。

「仮止め」としては、いいですが、実際の縫い目に使用するには、なみ縫いはやや弱く、不安定です。

作成時はきちんと縫えているようでも、洗濯などをすると、糸が緩みやすく、ほつれの原因になります。

手縫いは基本、半返し縫いで縫ったほうが、安定します。

仮止め=なみ縫い

本縫い=半返し縫い

と考えるのがおすすめです。

ヘルカ

なみ縫いは安定感がないよ!手縫いで作品をつくるなら半返し縫いで縫うと丈夫に仕上がるよ!

半返し縫いのまとめ

  • 半返し縫いは手縫いの手法の一つ。手縫いでも丈夫に縫い付けることができる
  • メリットは丈夫さ。デメリットは裏面に糸が重なり、見栄えが良くないこと
  • 基本的に手縫いの場合、中縫い=半返し縫いと考えると、作品の完成度が上がる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

服の型紙を設計するパタンナーという仕事をしています。
難しい言葉やテクニックが多い服作りを、できるだけわかりやすく解説していきます。
手芸を通して、「創造する人」を増やしていくのが目標です。

目次