わたり幅とは?位置と測り方を詳しく解説!

今日はパンツの「わたり幅」について解説します。

ネット通販などで服を買う際に、寸法表に記載されているので、なんとなく名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

わたり幅の位置と測り方、知っておくメリット

まで詳しく解説していきます。

目次

わたり幅とは?

わたり幅(「わたりはば」と読みます)とはパンツのももの付け根の長さのこといいます。

わたり幅の位置

わたり幅の測り方

わたり幅を測るコツは服を平面にして測ること

わたり幅の測り方は、服を平面に置いて定規で測ります。

わたり幅の測り方

股下の十字の縫い目のポイントから脇線まで直線で測ります。

直線で測ることがポイントです。

脇線のぶつかるポイントは、股下からの直線が直角にあたるくらいの部分になります。

パンツのわたり幅と型紙のわたり幅の関係

わたり幅は「太もも部分一周」の半分の長さ

理解を深めるため、実際のパンツと、型紙の渡り線の関係をみていきましょう。

実物のパンツのわたり幅は型紙で見ると以下の画像のようになります。

わたり幅とパンツ型紙の関係

「わたり幅は太ももの付け根一周の長さの半分」ということになります

型紙でみると赤い線をたして2で割った長さが「わたり幅」ということになります。

わたり幅は太ももぐるり一周の長さではなく、半分の長さということです。

わたり幅がわかると何がわかるの?

わたり幅がわかると、パンツのゆとり感がわかる

わたり幅バリエーション

わたり幅がわかると、そのパンツの太さが分かります。

スキニーパンツは狭く、ワイドパンツは広いということになりますね。

そのパンツが細めのものか、太めのものかの目安になります。

わたり幅を知っておくことって重要なの?

自分のももの太さと比べて測る必要はなし

一般の方が、自分のももの付け根を一生懸命測ることには実はあまり意味がありません。

自分の太ももの付け根の長さとパンツのわたり幅の関係はあくまで参考程度に考えるといいでしょう。

パンツのウエスト~腰回りの設計はデザインや仕様によって、さまざまです。

わたり幅が大きめの数の割に着用するとやや狭く感じるものもありますし、その逆で小さめの数値でも、ややゆったりく感じるものあります。

一般の方は数値で理解するより、実際の着用感で判断したほうがよいでしょう。

わたり幅は目安として使用する寸法(数値)

わたり幅はあくまでパターン(型紙)の設計時や、補正時(お直しで狭くするとか)に必要となる寸法(数値)です。

型紙設計をしているときや、渡り寸法をせまくするというときに「○○cmせまくする」という数値でのコミュニケーションが必要になります。

わたり幅はパンツの型紙設計やお直しのシーンで主に使用する寸法だと覚えておいてください。

パンツのわたり幅を知っておくメリット

自分の好きなサイズ感、太さがわかる

パンツのシルエット

ただし、一般の方も「自分のお気にいりのパンツ」のわたり幅を知っておくと、ネット通販で買うときに目安になることもあります。

もしお気に入りのパンツを持っているなら、、わたり幅をメジャーで採寸し、おおよその寸法を、ネットで服を買う際に参考にするとよいでしょう。

その際もわたり幅あくまで目安程度で使用してください。

またその際は、パンツのアイテムを揃えて比較することをおすすめします。

ネット通販でデニムを買うなら、自分がもっているデニムのわたり幅を測って参考にするなどです。

ネット通販では必ずに記載されている「わたり幅」ですが、数値に囚われすぎずに、あくまで参考として活用して行きましょう。

今日のまとめ

  • パンツのももの付け根の横幅の長さをわたり幅という
  • 自分のももの付け根の長さとわたり幅を比較する必要はない。わたり幅はあくまで型紙の設計、パンツの補正(お直し)の際に必要となる寸法
  • ただし、お気に入りのパンツがあるなら寸法を測っておくのはあり。それにより、ネット通販で買うときの参考にはなる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

服の型紙を設計するパタンナーという仕事をしています。
難しい言葉やテクニックが多い服作りを、できるだけわかりやすく解説していきます。
手芸を通して、「創造する人」を増やしていくのが目標です。

目次