Tシャツの衿ぐりの縫い方

衿パーツを伸ばしながら身頃の衿ぐりに縫い付けていくのがポイントです。
また、本体の生地が伸びづらい場合は、本体共地ではなく、フライスなど「よく伸びる別の生地」を衿パーツに使うときれいに仕上がります。

ミシン糸はレジロン糸を使用します。

Tシャツの衿ぐりの縫い方
目次

Tシャツの衿ぐりを縫う手順

STEP
衿パーツを用意する
Tシャツの衿ぐりの縫い方その1
STEP
衿パーツをヨコに半分に折り、端を縫う

/

Tシャツの衿ぐりの縫い方その2
STEP
縫い代は割る
Tシャツの衿ぐりの縫い方その3
STEP
タテに半分に折り、アイロンで押さえる。
Tシャツの衿ぐりの縫い方その4
STEP
衿ぐりと縫い合わせる
Tシャツの衿ぐりの縫い方その5

衿パーツを引っ張りながら(伸ばしながら)つけていくのがポイントです。
伸ばしながらつけることで、首元に沿うようになります。

STEP
衿ぐりにロックミシンをかける。その際縫い代を0.3~0.4cm
カットする。
Tシャツの衿ぐりの縫い方その6
STEP
衿パーツをアイロンで上に倒す
Tシャツの衿ぐりの縫い方その7

Tシャツ衿ぐりを縫うコツ

衿パーツは伸ばしながら身頃の衿ぐりに縫い付けます。(伸ばしつけ)。

そのため、「伸びる素材」を使う必要があります。

本体に使う生地がよく伸びるジャージ生地(天竺やスムースなど)の場合は、衿パーツも同じ生地を使用して問題ありません。

しかし、本体に固めで伸度がない素材を使う場合は、共地を衿パーツを使用すると、十分に伸ばしつけできない場合があります。

その場合は、衿パーツに「フライス」など、別の生地を使用しましょう。

フライスなどを使うことで衿パーツを伸ばしつけすることができます。

フライス生地は身頃の色と近い色を選ぶと、デザインがきれいに仕上がります。

100型以上の型紙がすべて無料でダウンロードできる!

ヘルカハンドメイドでは服や小物の型紙100型以上を無料でダウンロードできます。
型紙は経験豊富なプロのパタンナーがひとつづつ設計しています。
作品にすれば商用利用可です。
無料ですのでぜひお試しください。

>ヘルカハンドメイドの無料型紙一覧はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次