ヘルカ + ハンドメイド 

型紙50型以上が全て無料!型紙の無料ダウンロードサイト

パイピングとは?意味と縫い方を詳しく解説!

      2020/03/21

mini1431236231


手芸ではよく「パイピング」という言葉が出てきます。
パイピング、パイピングテープ、バイアステープ、、??いろいろ出てきてごちゃごちゃしますよね?今回から2回にわたって、そのあたりをできるだけ整理して分かりやすく書いてみようと思います。

スポンサーリンク

手芸や裁縫でよくいうパイピングってどういう意味??

mini1431236231

布の端をテープ上の布でくるむことをパイピングといいます。
パイピングテープと呼ぶこともあります。

パイピングテープの役割には2つある

その1:布端がほつれないようにする役割

皆さんがお持ちの服の裏側を見てみてください。

P1030870 (1)

こんなふうにテープ状の布で縫い代をくるんでありませんか?このようにパイピングで縫い代をくるむことで、布端がほつれないようにできます。布端がほつれないようにするためという意味ではロックミシンと同様の役割です。

その2:デザインとしての役割

別の生地で袖口を縁取りしてデザイン(飾り)として使用することもあります。その1と違って服の外側で使われることが特徴です。

mini1431235866

私がもっているブルゾンの袖口です。

青色のパイピングテープではなく、あえて赤色をつかうことでアクセントになっています。このデザインとしてのパイピングは別の生地、別の色、別の柄をつかうことでおしゃれになります。


この場合はその1の「縫い代の処理」に加えて「デザイン」としての機能も果たしています。

パイピングの役割には

縫い代処理のため

デザインのため

2つあると覚えておいてください。

パイピング1

ちょっと注意!「パイピングテープ」の名前はちがう二種類のものを指すことも、、

上で解説した縫い代を包み込むことをパイピングとよび、包み込むテープをパイピングテープ、バイアステープと呼ぶと書きました。


実は、パイピングテープと呼ばれているものには2種類あるのです。
一つ目は上に書いたような布端を包み込むテープです。これはバイアステープと呼ばれることも多いです。(バイアスについては次回解説します)

もう一つはひも状のものが挟み込まれたテープで装飾のために縫い目に縫いこんで使います。こういった端に細い紐が通してあるものを言います。


別名コードパイピングとよばれ、バッグなどにもよく使われます。縫い目に挟んで飾りとして使われます。

パイピング2

違う二種類のものに同じ名前を使うって混乱しますよね、、。
お店に人などに伝えるときは「縫い代端にパイピングをしたいのでバイアステープをください」といえば伝わります。

バイアステープってどこで買えるの?

mini1431246710

上に書いたような既成のテープも手芸店でもうられています。

種類は少ないですが100円ショップでも売られています。こちらは私が近所の100円ショップで購入しました。


購入の際はバイアステープの幅に注意してください。このテープには20mm幅と書かれていますが、実際は半分に折って使用するので10mm幅になります。


こちらは20mm幅ですが、手芸店では他の幅のものも売っています。
また、バイアステープはご自分でも作ることができます。(バイアステープの作り方については次回書いていきます)

今日のまとめ

  • 布端をテープ状の布でくるむことをパイピングという。
  • パイピングの役割は服などの縫い代のくるむことで、ほつれ防止(ロックミシンと同じ役割)や色や柄をかえることでデザインとしての役割がある。
  • パイピングをするテープをバイアステープ、パイピングテープという。
  • パイピングテープという呼び名は別のものにも使われ、端にコードが挟み込まれたタイプにも使われる。

次回はバイアステープについてもう少し書いてみます。

ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料で公開しています!

ヘルカ+ハンドメイドでは子供服、婦人服を中心に服の型紙を無料でダウンロード印刷できます。

>ヘルカ+ハンドメイドの無料型紙一覧はこちら

ダウンロードしてお家のプリンターで気軽に印刷できます。
型紙はすべて「縫い代つき」なので、縫い代をつける手間がありません。
ハサミでカットしてすぐに使用できます。

最新の型紙はこちらの公式Instagramで随時お知らせしています。
フォローしていただけると嬉しいです!

 - おさいほうの基本, テクニック

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ダーツタイトル
服のダーツとは?意味と縫い方を詳しく解説!

  今日は服の「ダーツ」について解説します。 この「ダーツ」という言葉、ソーイン …

生地の地の目とは?

今日は手芸や服作りでよく使われる用語「地の目」について解説します。 「地の目を通 …

シャツ・ブラウスの袖口(剣ボロ・カフス)の縫い方・作り方

シャツ・ブラウス作成で難しいのが、袖口(そでぐち:手首の部分)の縫い方です。 今 …

手芸や服作りでよく使うテクニック!「タック」を覚えよう

服作り、手芸では「タック」というテクニックをよく使用します。 タックとは布をつま …

布マスクが苦しいときに試してほしい対処法

夏になり、マスクが息苦しく感じる方も多いと思います。特に布マスクを使用されている …

ボタンの付け方タイトル
ボタンの付け方【動画あり】

今日はボタンの付け方について解説します。 今日はシャツ&ブラウスのボタンの付け方 …

見返しとは?服のパーツ名を覚えよう!(その2)

前回に引き続き、服のパーツ名を解説してきます。 裁縫の本の付録型紙によく「見返し …

玉結び&玉止めのやり方【動画あり】

今日は「手芸はじめて」の方に向けて、手縫いの基本的なテクニックといえる 「玉結び …

どこを測ればいいの?「身幅」と「着丈」を覚えよう

服のサイズ感を示す言葉でよく使われるのが「身幅」と「着丈」という言葉です。 メル …

手芸、洋裁の「ギャザー」とは?意味と作り方を詳しく解説!

ギャザースカート、ギャザーブラウスなど「ギャザー」という言葉をよく聞きますよね。 …