ヘルカ + ハンドメイド 

型紙50型以上が全て無料!型紙の無料ダウンロードサイト

布を「中表」に合わせるとは?

      2020/05/26

不定期で発行している基本のおさらいです。
今日は裁縫でよく使われる「中表」の意味を覚えましょう。

スポンサーリンク

中表(なかおもて)ってどういう意味?

「中表」と書いて「なかおもて」と読みます。
裁縫や手芸では主に「布を中表に合わせる」などの使われ方をします。

中表とは「中を表にして布を重ねる」こと

中表とは布2枚のオモテ面同士を合わせて重ねることをいいます。
「中表で生地を合わせる」といったら以下の図のようになります。

ミシンで縫うときは縫い代が服の内側に出るので、必然的に「中表で縫う」ということになりますね。

布の表と裏の区別がつかない!という方はこちらの記事でs詳しく解説しています。

「中表」とは二枚の布の表面同士を中で合わせること
と覚えておいてください。

 - おさいほうの基本, 布・生地

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ステッチタイトル
服のステッチとは?意味と縫い方までやさしく解説

「ステッチ」という言葉、手芸好きの方なら聞いたことがあると思います。 「ステッチ …

きりじつけってなに?

こんにちは! 最近よい言葉に出会いました。 「頭は臆病だか、手は臆病ではない」 …

春ストールを作ってみよう!(その1)

今日は寒かったですね! 桜は今週末が見頃らしいです。近所の桜もきれいに咲いていま …

どこを測ればいいの?「身幅」と「着丈」を覚えよう

服のサイズ感を示す言葉でよく使われるのが「身幅」と「着丈」という言葉です。 メル …

縫い代(ぬいしろ)と地縫いとは?

今日は、洋裁用語の「縫い代」と「地縫い」を説明いたします。 上の画像がそのまま「 …

ミシンの返し縫いの役割とコツ

「ミシンの「返し縫い」ってどのくらいの距離をすればいいの?」 という質問をいただ …

生地幅の種類を覚えよう!シングル幅とダブル幅

生地屋さんで売られている生地は素材によって幅が違います。(生地の幅とは生地の端の …

手芸、裁縫の作品作りで失敗しないたった一つの方法 「仮縫い」とは?

手芸、裁縫の醍醐味は自分の手で世界でたった一つの作品が作れること。 大切な思いが …

手縫いの基本!縫い糸の「1本取り」と「2本取り」ってなに??

手縫いの場合、針に糸を通す方法は二種類あります。「一本取り」と「二本取り」につい …

用尺とは?服作りに必要な用尺を計算してみよう!

服を作るのに必要な布の量を「用尺(ようじゃく)」といいます。 「スカートを作るの …