ヘルカ + ハンドメイド 

型紙50型以上が全て無料!型紙の無料ダウンロードサイト

Tシャツ型ブラウスの無料型紙と作り方

      2020/05/18

Tシャツ型ブラウス全体


Tシャツ型ブラウスの無料型紙と作り方です。
スポッとTシャツのようにかぶって着るタイプのブラウスです。
袖口に切りかえをいれて、デザインポイントにしました。

スポンサーリンク

Tブラウスの完成イメージ

サイズはフリーサイズ(ワンサイズ)になります。
袖の縫い目をなくして、キモノスリーブ(身頃と袖が一体化したデザイン)にしてあります。
キモノスリーブにすることでシルエットがきれいに出るように設計しました。
また縫う箇所が少ないので、初心者の方も安心して作ることができます。
袖口には「切りかえ」をいれてあります。
本体と生地を変えることでデザインのアクセントになります。ぜひお好きな生地を選んでみて下さい。
サイズは以下の通りです。

着丈51.5cm
ゆき丈50cm
胸囲122cm
裾まわり109cm

T型ブラウスの型紙を無料でダウンロードする

以下のボタンをクリックして無料型紙をダウンロードしてください。

“Tブラウスの無料型紙” をダウンロード T_blouse_pattern.pdf – 2091 回のダウンロード – 145 KB

注意!
ご自宅のプリンタで印刷する際は[用紙の大きさに合わせる]ではなく、[100%の大きさ]で印刷してください。
[用紙の大きさに合わせる]でプリントアウトすると、実際の大きさより小さく印刷されてしまいます。

またプリントアウト後、パターンに記載されている正方形の一辺がきちんと5cmで印刷されているか、定規で測って確認して下さい

Tシャツ型ブラウスの型紙完成図

ダウンロードが済みましたら、ご自宅もしくはコンビニのA4コピー用紙でプリントアウトしてください。A4のコピー用紙22枚です。
紙での出力が済んだら以下の図のように各紙をセロテープで貼り付けて下さい。

各ページをはりつけ、はさみで切り取ったら型紙の完成です。

ハンドメイドに必要な材料

Tシャツ型ブラウスの用尺

要尺は以下の通りです。
本体(身頃)は110cmの生地幅の場合は165cm必要です。
袖口切りかえ部分は110cmの生地幅の場合は25cm必要です。
110cmの生地幅を使用する場合は以下のように型紙を配置して裁断して下さい。

生地を選ぶコツ

中くらいの綿(コットン)が縫いやすく、また洗濯もしやすいのでおすすめです。
ブロードなどの生地がおすすめです。

ヘルカのおすすめ!家庭用&職業用ミシンとロックミシン

よく質問をいただく「おすすめミシン」についてご紹介しておきますね。

おすすめ家庭用ミシン(初心者向け)はbrother ブラザー コンピュータミシン CPS4204(PS202)

おすすめ職業用ミシン(中級者向け)はJUKI SPUR30DX


参考:おすすめ!私が10年以上使っている職業用ミシン

おすすめロックミシンは JUKI MO-114D


参考:失敗したくない!プロが教えるロックミシンの選び方

Tブラウスの作り方・縫い方

Tシャツ型ブラウスの作り方その1
Tシャツ型ブラウスの作り方その2
Tシャツ型ブラウスの作り方その3

以下が作り方の手順になります。

手作り・ソーイングのコツ

1.前身頃と後ろ身頃の衿ぐりにはをはります。(芯ってなに?とういうかたはこちらの記事
詳しく解説してあります。生地に芯を貼ってから衿ぐりパーツを裁断してください。
6.衿ぐりのハサミでの切込みは1cm間隔くらいで入れていくとよいです。

あなたの作品がどこかの誰かの「!」につながります。

もし完成しましたら、Instagramで#ヘルカハンドメイド でタグ付けしていただくと、とても嬉しいです。

みなさんのハンドメイド作品が他の誰かの目に触れ、
「かわいい!」
「素敵!」
「私もやってみよう!」
につながります。

あなたの作品がどこかの誰かのhappyに繋がります。
またヘルカ+ハンドメイドをSNS等でご紹介いただけるととても嬉しいです。

ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロード印刷できます。
無料型紙ダウンロードページはこちら

また、新作無料型紙は公式インスタグラムで随時お知らせしています。
フォローしていただけると最新型紙をお知らせできます。
ヘルカハンドメイド公式インスタグラムはこちら

 -

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加