ヘルカ + ハンドメイド 

型紙50型以上が全て無料!型紙の無料ダウンロードサイト

服のステッチとは?意味と縫い方までやさしく解説

      2020/05/10

「ステッチ」という言葉、手芸好きの方なら聞いたことがあると思います。


「ステッチでおさえる」
「ステッチを入れる」

という言い回しでよく使われますが、なんのために入れるのか?モヤモヤしている方も多いのではないでしょうか?

今日は改めてステッチの意味と種類、解説していきます。
ステッチで服の印象を変えるテクニックについても触れていますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

ステッチの意味

ステッチとは、服の表に出ている糸の縫い目のことを言います。

下画像を御覧ください。

デニムのステッチ画像

デニムがわかりやすいのでピックアップしました。
デニムの表面に黄色い糸が出ています。

これがステッチです。

服の側に出ている縫い目を総称してステッチといいます。

ステッチのやり方

ステッチを入れるには縫い代を片側に倒してミシンをかけます。

ステッチの入れ方図解

ステッチの幅について

ステッチは「5mm幅ステッチ」といった言い方で使われます。

ステッチ幅の図解

5mm幅ステッチとは縫い目線から5mmの距離の箇所にステッチを入れるということです。

ステッチの意味と役割

1.縫い代が安定させるためのステッチ

ステッチを入れることで、縫い代が縫いとめられますので、安定します。
縫い目でおさえられるので、縫い代が起きてこないということですね。

「縫い代をおさえて、安定させる」といのがステッチの役割の1つ目です。

2.縫い目が丈夫にするためのステッチ

ステッチの次の役割として「縫い目を丈夫にする」というものがあります。

下画像をごらんください。

補強としてのステッチ図解

左図がステッチなし、右図がステッチありです。

矢印は力のかかる方向です。
しゃがんだり、腕を動かしたりすると、服の縫い目には負荷がかかります。

左図のステッチなしは縫い目一箇所にダイレクトに力が加わります。

それに対して右図は縫い目とステッチの二箇所にかかる力を分散できます。

力を分散できる分、ステッチを入れたほうが縫い目が丈夫になります。

ステッチの役割として「服を丈夫にするため」というのがあると覚えておいてください。

3.デザインとしてのステッチ

3つ目はデザインとしてのステッチです。

ステッチが入ると、服はカジュアルな印象になります。

ステッチとデザインの関係図

左図はステッチなし、右図はステッチありです。

スーツなどのフォーマルウェアやドレス系のワンピースをお持ちの方はぜひ縫い目を見てみてください。

あまりステッチがはいっていませんよね?

ステッチが少ないほど、服はすっきりした印象になり、よりフォーマルな印象になります。

逆にステッチが入るほど、服はカジュアルな印象になります。

このようにステッチにはデザインとして服の印象を左右する役割も持っています。

ステッチはデザインとしても大きな意味がありますので、すでに服を作られている方は作品作りの参考にしてみてください。

ステッチの種類

よく使うのが「コバステッチ」

次にステッチの種類について見ていきましょう。
よく使われるのが「コバステッチ」とよばれる細いステッチです。

コバステッチ画像

コバステッチは折端から1~2mm幅のステッチの事をいいます。

さきほど、折り端から5mmの距離にあるステッチを「5mm幅ステッチ」と呼ぶと説明しました。

しかし1mmのステッチは「1mm幅ステッチ」とはいわずに、「コバステッチ」と呼びます。

コバステッチ図解

距離はやや曖昧で、1mm~2mmくらいのステッチはすべてコバステッチと呼びます。

この他に裏コバステッチ・内コバステッチと呼ばれるものもあります。
こちらの記事で詳しく解説しています。
>関連記事:裏コバステッチの縫い方を覚えよう

ステッチのやり方・縫い方

ステッチを縫うこと、入れることを

「ステッチをかける」

といいます。

ステッチをかけるときは「マグネット定規」があると便利

ステッチを入れるには専用のアタッチメントがあると便利です。

指定の距離にガイドラインをセットできますので、ステッチを正確にきれいに入れることができます。


このようなステッチを縫いやすい、入れやすくなる補助用具を総称して「ステッチ定規」といいます。

ステッチ定規についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
>参考記事:あると便利な裁縫道具!ステッチ定規を知っていますか?

今日のまとめ

  • 服の外に出ている縫い目を総称してステッチという
  • ステッチには縫い代を安定させる、縫い目を丈夫にするなどの役割がある。
  • 手芸、洋裁でよく使うステッチがコバステッチ。コバステッチは縫い目から1mm~2mmくらいの幅の細いステッチのことをいう。
ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロードできます
ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロード印刷できます。

ダウンロードページはこちら

また、新作無料型紙は公式インスタグラムで随時お知らせしています。
フォローしていただけると最新型紙をお知らせできます。

ヘルカハンドメイド公式インスタグラムはこちら

 - おさいほうの基本, テクニック , , , , ,

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

布マスクが苦しいときに試してほしい対処法

夏になり、マスクが息苦しく感じる方も多いと思います。特に布マスクを使用されている …

簡単!シームポケットの作り方・縫い方

今日はシームポケットの作り方をご紹介します。 シームポケットは上着にもスカートや …

手芸、洋裁の「ギャザー」とは?意味と作り方を詳しく解説!

ギャザースカート、ギャザーブラウスなど「ギャザー」という言葉をよく聞きますよね。 …

手芸や服作りでよく使うテクニック!「タック」を覚えよう

服作り、手芸では「タック」というテクニックをよく使用します。 タックとは布をつま …

コバステッチ・裏コバステッチのやり方・縫い方を覚えよう

今日は「裏コバステッチ・内コバステッチ」について説明します。ヘルカハンドメイドで …

手芸、裁縫の作品作りで失敗しないたった一つの方法 「仮縫い」とは?

手芸、裁縫の醍醐味は自分の手で世界でたった一つの作品が作れること。 大切な思いが …

パイピングとは?意味と縫い方を詳しく解説!

手芸ではよく「パイピング」という言葉が出てきます。パイピング、パイピングテープ、 …

服の型紙の合印(ノッチ)とは?

今日は服の型紙に記載されている「合印」について解説します。 合印(あいじるし)と …

どこを測ればいいの?「身幅」と「着丈」を覚えよう

服のサイズ感を示す言葉でよく使われるのが「身幅」と「着丈」という言葉です。 メル …

厳選5種類!初心者さんでも縫いやすいおすすめの生地・布は?

みなさんはどんな基準で布を選んでいますか? 「見た目かわいい布!」 という方が大 …