ヘルカ + ハンドメイド 

型紙50型以上が全て無料!型紙の無料ダウンロードサイト

裾巾の読み方と意味

   

今日は服の「裾巾」について説明します。
どこを測ったらいいの?まで画像で詳しく解説します。

スポンサーリンク

裾巾の読み方と意味

裾巾は「すそはば」と読みます。

裾(すそ)とは服の下の縁のことをいいます。
裾巾とは服の下端の巾(横の長さ)のことをいいます。

パンツの裾巾
Tシャツの裾巾

裾巾の測り方

服を平面に置いて、定規で測ります。

このとき服が完全に平面になるように置いてください。
平面に置かないと採寸した寸法にずれが生じます。

パンツの裾巾の測り方
Tシャツの裾巾の測り方

きょうのまとめ

  • 服の下端の幅を裾巾(すそはば)という。
  • 裾巾の長さを測るときは、裾が完全に平面の状態で採寸する
ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロードできます
ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロード印刷できます。

ダウンロードページはこちら

また、新作無料型紙は公式インスタグラムで随時お知らせしています。
フォローしていただけると最新型紙をお知らせできます。

ヘルカハンドメイド公式インスタグラムはこちら

 - 用語

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

関連記事はありませんでした