ハトロン紙の使い方

ハトロン紙は紙に透け感がある紙です。
型紙を写すのに使用します。
サイズも大きいので服の型紙を写すのにぴったりです。

ハトロン紙の使い方
目次

ハトロン紙とは

ハトロン紙(はとろんし)とはこのようなものをいいます。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥770 (2024/07/19 14:56:16時点 Amazon調べ-詳細)

型紙を写せる紙のこといいます

サイズは大きく、幅が60cmで、こちらの長さは7mほどで、巻かれた状態で売られています。
はさみで必要な長さにカットして使用します。

また、薄く少し透けているのも特徴です。

ハトロン紙は服の型紙を作るために使用します。

ハトロン紙の使い方

ハトロン紙を使う目的には様々ありますが、服作りに関していうと

型紙を写すこと

写した型紙に縫い代をつけること

があります。

順番に説明します。

1:型紙を写す(トレースする)

本屋さんで売っている「洋裁本」には本の後ろに付録で型紙がついています。
最後のページに折り畳まれた状態で付属してますよね。


これらの付録型紙は、直接はさみでカットして使うものではありません。
一度、別の紙に写し、そこから縫い代をつけたりすることが前提になっています。

そこでこのハトロン紙を使用します。

このように、下に写したい型紙を敷き、上から鉛筆で写していきます。
(写すことをトレースといいます)

ハトロン紙の使い方その1

このように上からハトロン紙を重ねて、線を鉛筆で写していきます。

下の机が黒い場合は、線が透けにくくなります。
そんなときは別のハトロン紙を一枚テーブルの上に敷くと明るくなり、線が透けやすくなります。

それとハトロン紙は最初丸まっているのでアイロンを軽くかけて平らにしてください。

ハトロン紙の表裏に注意

トレースするときはハトロン紙の表裏に注意してください。
「ザラザラしている面が表」になります。

ザラザラ面のほうが鉛筆の芯の「のり」がよいので、きれいに書けます。

ザラザラ面に鉛筆で線をなぞってください。

トレースするときに便利な定規

トレースするときはこのような製図用の定規があると便利です。

直線をトレースするときはこちら二つがおすすめです。

【50cm定規】

created by Rinker
ウチダ製図器(Uchidaseizuki)
¥1,182 (2024/07/19 13:03:19時点 Amazon調べ-詳細)

【30cm定規】

created by Rinker
ウチダ製図器(Uchidaseizuki)
¥646 (2024/07/19 14:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

長さに応じて、定規を使い分けると、作業がはかどります。

カーブの線を写すときはこちらの定規がおすすめです。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥1,364 (2024/07/19 14:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

2:写した型紙に「縫い代」をつける

もう一つの使い方はトレースした型紙に「縫い代をつける」ことです。

トレースした線の余白に縫い代を付けていきます。
縫い代を付けるとソーイングが早く、楽になります。

定規を使った縫い代の付け方はこちらの記事で詳しく解説しています↓

洋裁、服の型紙作りにおすすめ定規!

今日のまとめ

  • 型紙に使う紙を「ハトロン紙」という
  • ハトロン紙は裁縫本の付録の型紙を写したり、さらに縫い代をつけたりするのに使われる。
  • ハトロン紙はザラザラ面が表、ツルツル面が裏。

「作品作りがもっとうまくなりたい」と思っている方へ

作品の完成度に納得がいかないのはミシンのせいかもしれません。
ヘルカハンドメイドでは服作りのプロ視点で作品がきれいに仕上がる!おすすめミシンを厳選して紹介しています。
ミシンの購入や、買い替えを検討してる方はぜひ参考にしてみてください。

>まずはここから!家庭用ミシンの選び方

>失敗しない!ロックミシンの選び方

>もうプロ級!職業用ミシンの選び方

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次