ヘルカ + ハンドメイド 

型紙50型以上が全て無料!型紙の無料ダウンロードサイト

縫い代の折り返しにおすすめ!「アイロン定規(じょうぎ)」使ってみよう!

      2020/03/08

洋裁をしていると、1cm、2cmと一定の寸法で直線に布端を折る工程があります。
ポケットの端や服の裾(すそ:服の下端の部分)などがそうですね。

そんなときに便利なのが「アイロン定規(じょうぎ)」です。
あまり知られていない裁縫道具ですが、一つ用意しておくと作品の完成度がグッと上がりますよ!

スポンサーリンク

アイロン定規とは


こちらは自作のアイロン定規です。
厚紙に1.0cm 1.5cm…と鉛筆で直線を引いてあります。
この直線が、縫い代を折るときにとても役に立ちます。

またアイロン定規は紙などアイロンで溶けない素材で作られていることがポイントです。

実際にアイロンを定規に当てますから、紙、もしくは熱に強い素材で作られたものを選びましょう。

市販のものあります。こっちの耐久性があるので、個人的にはこっちのほうがおすすめかな↓

アイロン定規の使い方

実際の使い方を見てみましょう。
例として1cmに縫い代を折る場合です。
アイロン定規を当てて、布端が1cmの線にくるように折ります。
そして上からアイロンでおさえます。
こうすることで、定規の端がガイドラインになり、縫い代をきれいな直線で折ることができます。

長く使うならアイロン定規は市販のものを買いましょう

紙でも作れるのですが、けっこうへたりやすいのが難点です。
使っているうちにすぐにボロボロになってしまいます。
長く使うなら市販のものを購入しましょう。

こちらは裁縫道具で有名なclover社のものなので、品質もよくおすすめです。

きれいに縫い代が折れますし、作業のスピードも上がり、作品作りが効率的になります。
この「縫い代を折る」という作業は裁縫を続ける限り、ずっとついてまわる作業です。

ぜひ道具を使って効率化してみてください。

新作続々追加!ヘルカ+ハンドメイドでは無料型紙を公開しています

ヘルカ+ハンドメイドハンドではどなたでも簡単に服作りが楽しめるよう型紙を無料で公開しています。
ぜひご覧ください。
ヘルカ+ハンドメイド無料ダウンロード型紙はこちら

 - 裁縫道具

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

針を安全に管理!ピンクッションを使ってみよう

裁縫は針を使用します。 たまにチクリと指を刺して痛い思いをすることも、、、。 針 …

小さなお子さんがいる家庭での裁縫で気をつけたいこと

  まち針を買ってきました。家で裁縫を楽しむためにはどんなまち針をつか …

ニット素材で服を作るときのミシン糸はレジロン糸を使おう

ニット素材を使用して服を作りたい方も多いと思います。 ニット素材の特性として「伸 …

初心者の方へおすすめの裁縫道具!リッパーとは?

裁縫をしていると、「縫い間違えた!」「縫い目が曲がった!」なんてとき、ありますよ …

作業がはかどる!便利な裁縫道具「目打ち」とは?

一つもっているといろいろな用途に使えて便利。 そんなアイテムが裁縫道具の中にもあ …

裁縫後の掃除はこれ!「最強コロコロ」で糸くずだらけの床があっという間にキレイに!

夢中で服を作っていたら、自分の服も、床も糸くずだらけ、、。 「裁縫はとても楽しい …

失敗しないチャコペンの選び方とおすすめ品!

  裁縫道具にはいろいろな種類があります。 道具の名前も普段は聞き慣れ …

「しつけ糸」を買ったらしてほしいこと。

  また例によって100円ショップで洋裁道具を買ってきました。 「しつ …

洋裁、服の型紙作りにおすすめ定規!

洋裁、型紙作り専用の定規があるのをご存じですか? 単純に距離をはかるだけでなく、 …

パーカーのヒモが抜けた!そんな時のための紐(ひも)通しの使い方

「パーカーのひもが抜けてしまった!」 そんな時にあると便利なのが、ひも通し棒です …