ヘルカ + ハンドメイド 

手作りを楽しもう!無料型紙と手芸の支援サイト

手芸、洋裁の「ギャザー」とは?意味と作り方を詳しく解説!

   

 


ギャザースカート、ギャザーブラウスなど「ギャザー」という言葉をよく聞きますよね。
ギャザーは服作りでとてもよく使われるテクニックです。
今日はギャザーの意味と実際の作り方について解説します。
今後、ヘルカハンドメイドでは無料型紙ダウンロードページでギャザーのテクニックを使った作品も追加していく予定です。
知っている方もぜひ復習として参考にしてみて下さい。
ギャザーが作れるようになると創作の幅がグッと広がりますよ!

スポンサーリンク

ギャザーってなに?

ギャザーとは布がよって集まった状態をいいます。

布がよった状態のスカートをギャザースカートといいますし、上画像のように、縫い目を利用して布がよったデザインが入ったものをギャザーブラウスと呼びます。
布がよった状態=ギャザーということになります。

ギャザーの作り方

さて、実際に手芸でギャザーを作る際の手順を見ていきましょう。
長さの異なる布を縫い合わせることでギャザー作っていきます。

しつけ糸をつかって「ぐし縫い」をする

ギャザーを作るために下準備をしましょう。
まずはしつけ糸を用意します。

(しつけ糸ってなに?という方はこちらの記事で解説してあります。)

しつけ糸を使ってギャザーをよせる部分に小さく並縫い(なみぬい)をしていきます。

実際にミシンで縫い合わせる線の上下3mmほどに並縫いをいれていきます。並縫いの間隔は3mmほどです。
このような小さな並縫いを洋裁・裁縫用語で「ぐし縫い」といいます。
間隔の小さな並縫い=ぐし縫いとおぼえておいて下さい。

しつけ糸を引っ張って長さをそろえる

ぐし縫いを終えたら、二本のしつけ糸を引っ張って布をよせていきます。

布をギュッとよせて、縫い合わせる生地と同じ長さになるようにします。

ギャザーをよせたら、上からアイロンで押さえる

縫い代部分のみアイロンでギャザーをつぶす

ギャザーをよせ終えたら、アイロンで上からおさえます。
アイロンのコツは上画像のようにアイロンの端を使い、縫い代部分(実際に縫い合わせる部分)のみ押さえることです。
このようにすることでギャザー部分が平らになり、安定します。
安定することでミシンで縫い合わせやすくなります。
縫い目から下に出る部分はアイロンをかけないように注意して下さい。
実際にミシンで縫い合わせると、このようになります。
こちらが裏側↓
縫い終えたら、しつけ糸はさみでカットして取り除いて下さい。
これでギャザーの完成です。
たっぷりギャザーが入ったものやほんの少しだけギャザーが入ったものなど、ギャザーの分量はデザインによって様々ですが、作り方はどれも同じです。基本としてぜひ参考にしてみてくださいね。

 - おさいほうのコツ, テクニック

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

簡単!シームポケットの作り方・縫い方

今日はシームポケットの作り方をご紹介します。 シームポケットは上着にもスカートや …

帽子のつくりかた(補足)ハットツバの縫い方の動画UPしました!

前回公開した「帽子のつくりかた」の補足編です。 ハットタイプのツバの作り方の動画 …

100均でここまでそろった裁縫道具 その2

前回に引き続き、100均で買える裁縫道具のクオリティをプロ目線☆でチェックしてみ …

シャツ・ブラウスの袖口(剣ボロ・カフス)の縫い方・作り方

シャツ・ブラウス作成で難しいのが、袖口(そでぐち:手首の部分)の縫い方です。 今 …

幼稚園入園グッズの作り方、分からないですよね〜??

こんにちは! ヘルカハンドメイドでは動画で幼稚園グッズの作り方を説明しています。 …

パイピングってなに?

手芸ではよく「パイピング」という言葉が出てきます。 パイピング、パイピングテープ …

帽子の作り方(買い物編)UPしました!

帽子の作り方(買い物編)アップしました! 帽子を作るために必要な材料の種類を説明 …

no image
忙しいあなたのためのアイロン術(シャツ編)ver.1.0 

Yシャツやブラウスは家で洗濯する人がほとんだと思います。 (ちなみに自分はクリー …

ストールの作り方 〜準備編〜

  ストールの作り方〜準備編、アップしました! 必要な素材や、選ぶコツ …

スカートをリメイク!クッションカバーの作り方(その1)

ずっと長く大事に着てきた服。 最近は全く着なくなっちゃったけど思い入れがあって捨 …