チャコペンの使い方

チャコペンとは布に印をつけるのに使うアイテムです。
鉛筆タイプとペンタイプがあります。
おすすめは水で消えるペンタイプのチャコペンです。

チャコペンの選び方
目次

チャコペンの用途

ボタンの位置や縫い目線など布にしるしをつける時に使用します。
花柄などの柄物の生地に印をつけても目立つよう、チャコペンの色は黄色やピンクなど派手な色のものが多いです。

チャコペンの種類は3タイプある

現在、お店で売られているチャコペンタイプには以下のようなものがあります。

①鉛筆タイプ

鉛筆タイプのチャコペン


黒板に書くチョークを鉛筆にしたようなタイプです。
粉末を固めた芯なのでウール(羊毛)など印がつけづらい生地にもしっかり印をつけることができます。
キャップの先がブラシのようになっているので、サッサッとこすって線を消すことができます。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥660 (2024/06/20 18:42:27時点 Amazon調べ-詳細)

②水で消える(洗濯で消える)ペンタイプ

ペンタイプのものでパッケージには「水で消える!自然には消えません」と書いてあります。
実際に書いた印は水で洗うと(洗濯すると)きれいに落ちます。

水溶性のチャコペン
created by Rinker
クロバー(Clover)
¥385 (2024/06/20 18:42:28時点 Amazon調べ-詳細)

綿素材に線を書いてみました。

水溶性のチャコペンテスト

そして水道で実際にすすいでみました↓

水洗い後の水溶性のチャコペン

綺麗にインクが落ちました↑

水に反応するならアイロンの蒸気でも消えてしまうのでは?と不安でしたが、蒸気では消えませんでした。


通常の洗濯機で洗えば線は完全に消えそうです。

 ③水でも消えるし、時間とともにも消えるタイプ

自然に消えるチャコペン
created by Rinker
アドガー
¥309 (2024/06/20 17:40:57時点 Amazon調べ-詳細)


パッケージには「自然に消える。水でも消える!」と書いてあります。
説明では1日〜10日くらいで消えると書いてありした。(1〜10日ってけっこうアバウトだ、、)

そこで実際に試してみました。綿素材に線と「ほんとに消えるの?」という文字書いてみました。

自然に消えるチャコペンテスト1

48時間後です↓

だいぶ薄くなりました。この様子だと3日後には完全に消えそうですね。

自然に消えるチャコペンテスト2

ただ自然に消えるのを待つとなかなか消えないので、洗濯で消すのがおすすめです。

おすすめのチャコペンは「水で消える」タイプ


一般的な薄手の綿(コットン)素材には、「水で消える!」タイプがおすすめです
綿素材ならこのペンでしっかり印が書けますし、通常、綿素材の服はご家庭で洗濯機で洗うものが多いと思います。
=線は消えて残らない!ということですね

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥385 (2024/06/20 18:42:28時点 Amazon調べ-詳細)


またウールなどはペンタイプでは印がつけづらいです。その際は鉛筆タイプのチャコペンがよいと思います。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥660 (2024/06/20 18:42:27時点 Amazon調べ-詳細)

ペンタイプと鉛筆タイプの両方を用意しておくと、幅広い布の種類に対応できます。

100型以上の型紙がすべて無料でダウンロードできる!

ヘルカハンドメイドでは服や小物の型紙100型以上を無料でダウンロードできます。
型紙は経験豊富なプロのパタンナーがひとつづつ設計しています。
作品にすれば商用利用可です。
無料ですのでぜひお試しください。

>ヘルカハンドメイドの無料型紙一覧はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次