まち針の選び方

まち針は布を仮止めする際に使用します。
針の後ろが球体になっているタイプがつまみやすく、使いやすいです。
また針がしっかりしているもの(簡単に曲がらないもの)を選びましょう。

まち針の選び方
目次

まち針の種類

まち針には針の後ろが平面のものと球体のものがあります。
おすすめは針の後ろが球体のタイプのまち針です。

まち針の種類

理由は、ピンクッションから針を取り出す際、つまみやすく、扱いが楽だからです。

>参考記事:ピンクッションの選び方

また球体が小さいタイプを選ぶのがポイントです。
球体が大きいとミシンで縫うときに、邪魔になります。

おすすめのまち針はこちらです↓

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥638 (2024/04/25 02:54:10時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは耐熱のため、誤ってアイロンをかけてしまっても溶けません。

まち針の回収に便利なマグネットピンクッション

使った後のまち針の回収に便利なのがマグネットピンクッションです。
こちらはマグネットでまち針を引き寄せることができ、手早くまち針を集めることができます。

まち針の回収に便利なマグネットピンクッション

様々な形状のものがありますが、おすすめはcloverのこちらのタイプです。↓

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥2,301 (2024/04/25 02:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは中央のくぼみに落とせば、まち針の方向をそろえられるので、便利です。

まち針は使う頻度の多い裁縫道具です。
作品のクオリティアップ、作成スピードアップにつながりますので、使い勝手のよい、まち針を選びましょう。

100型以上の型紙がすべて無料でダウンロードできる!

ヘルカハンドメイドでは服や小物の型紙100型以上を無料でダウンロードできます。
型紙は経験豊富なプロのパタンナーがひとつづつ設計しています。
作品にすれば商用利用可です。
無料ですのでぜひお試しください。

>ヘルカハンドメイドの無料型紙一覧はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次