目打ちの使い方


目打ちはミシンで縫う際に生地を押さえたり、縫った角を出したりするのに使用します。
その他、印付けにも使用することができます。

目打ちの使い方
目次

目打ちとは?

「めうち」と読みます。このようなペンのような形状で先が尖っています。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥798 (2024/05/27 22:13:32時点 Amazon調べ-詳細)

目打ちの使い方

実はこの「目打ち」、シチュエーションによっていろいろと使い道があります。
どんなとき、なんのために使うのか説明します。

1.ミシンで縫うとき

mini1408878919

ミシンで縫うとき、このように押さえることができます。
手で押さえるより、小さく「点」で押さえることができますので、より慎重にミシンを進めることができます。

2.「角」を出すとき

裁縫をしていると「角だし」(かどだし)をしなくてはいけない場面があります。
「角だし」とは縫った箇所をひっくり返して角をだすこといいます。
このひっくり返すとき、目打ちの先を使うときれいに角をだすことができます。

名称未設定 2.001
mini1408882343
mini1408881716

目打ちを使うことで、写真下(黄色)のようにしっかりきれいに角だしすることができます。

3.ちょっとした印付けに

mini1408879789

目打ちの先が尖っているので、生地に刺せば小さな穴を開けられます。
例えばボタンをつける位置にこのように穴をあけておけば、チャコペンなどで印をつけるよりも
手早く印つけが行えます。チャコペンと違い生地も汚れません。
(チャコペンってなに?という方はこちらで解説してあります

4.失敗して縫い目の糸をほどくとき

P1030399

裁縫をしていると、失敗をして縫い目をほどかなくてはならない時がありますよね?
そんなときも、この目打ちの先を縫い目にさせば、簡単に糸をひっぱりだすことができます。

おすすめの目打ち

おすすめの目打ちはこちらです。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥674 (2024/05/27 22:13:34時点 Amazon調べ-詳細)

「このクローバー』は裁縫道具で絶大な信頼がある有名なメーカーです。
先がやや丸くなってるため、生地を傷めません。

以上、裁縫道具の「目打ち」の解説でした。
一つあるととても便利な道具ですので、ぜひ試してみてください。

100型以上の型紙がすべて無料でダウンロードできる!

ヘルカハンドメイドでは服や小物の型紙100型以上を無料でダウンロードできます。
型紙は経験豊富なプロのパタンナーがひとつづつ設計しています。
作品にすれば商用利用可です。
無料ですのでぜひお試しください。

>ヘルカハンドメイドの無料型紙一覧はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次