ヘルカハンドメイド 

服の型紙100型以上が全て無料!ヘルカハンドメイド

シャンブレーとは?生地の特性と作品作りのコツを詳しく解説

      2022/01/05

今日は定番素材、シャンブレー生地について解説します。
生地の特性から、作品作りのコツまで詳しく解説します。

スポンサーリンク

シャンブレー生地とは?

シャンブレー生地とはタテ糸に色糸、ヨコ糸に白糸を使って平織りにした生地です。 
表面が白く見える 霜降り効果があり、白い点が見えます。

「シャンブレーシャツ」という名前がある通り、シャツ・ブラウスでよく使われる定番生地です。

シャンブレー生地の特徴 

吸水性と通気性がよい

シャンブレーは主に綿素材です。
そのため吸水性がよく、通年で着用できる素材です。

耐久性がある、お手入れが楽

繰り返しの洗濯に耐えられます。
基本的に、洗濯機で洗って問題ありません。 

手芸でも扱いやすい素材

縫いやすく、初心者の方にも縫いやすい素材です。
また、定番素材のため、多くの生地屋さんで手に入れることができます。

シャンブレー生地の種類

綿100%のものが一般的ですが 、麻などを混ぜた混合素材のものもあります。
麻を混ぜたシャンブレー生地は独特のシャリ感があり、主に春や夏の服を作るのに向いています。

麻が入ったシャンブレー生地はこちら↓

また、麻が入ったシャンブレー生地は、特性上、シワがつきやすいです。
洗濯語などは、しっかりシワを伸ばして干すことが大切です。

シャンブレー生地で作品を作るときのコツ

ミシン針は11番、糸は60番でOK

ミシン針は11番手、糸は60番手でOKです。

ロックミシンの糸は90番手でOKです。

>参考記事:ロックミシンの糸と選び方

水通しをしよう

シャンブレー生地は作成前に水通しをしておくと安心です。

水通しをすることで、生地が詰まります。

作品完成後の洗濯で縮むことを予防することができます。

シャンブレー生地で作品を作るメリット

初心者の方でも扱いやすい

平織りで生地が安定しているため、ミシンで縫いやすく、初心者の方でも扱いやすいです。

アイロンの折り目もしっかりつけられます。

>シャンブレー生地で作品をきれいに仕上げたいなら、こちらのミシンがおすすめ

ほつれづらい

シャンブレー生地は平織りで、比較的しっかり打ち込まれています。

そのため、裁ち端が、ほつれづらいです。

作業工程の中で、どんどん裁ち端がボロボロとほつれることはありません。

初心者の方にも取り組みやすい素材です。

どんなアイテムにも使いやすい

シャツ・ブラウスでも、ワンピースでも帽子でも、幅広いアイテムと相性がよい素材です。

多めに生地を買っていおき、ブラウスを作り、余った分で帽子を作るなど、アイテムを変えて作るのもおすすめです。

シャンブレー生地で作品を作るデメリット

ギャザーになると、少し厚みがでる

シャンブレー生地は厚手のものもあります。

生地に厚みがある場合、ギャザーがたっぷり入ったブラウスなどを作ると布が集まり、厚みが出やすいです。

デザイン応じてて適切なシャンブレー生地の厚さ選ぶことが大事です。

>参考記事:ギャザーとは?意味と作り方を解説

洗濯でやや乾きづらいものもある

上のギャザーの項目と関連しますが、

洗濯の際に、生地が重なる箇所が、やや乾きづらいことがあります。

生地の厚みを考慮して作品をつくりましょう。

また、麻が入ったシャンブレー生地は乾きやすいです。

シャンブレー生地で作るのにおすすめの服

ブラウス

「シャンブレーシャツ」が商品名になるくらい、シャツ・ブラウスとの相性はよいです。

子供用のブラウスはこちら↓

帽子

小物もおすすめです。
特に帽子は素材との相性がよくおすすめです。

バッグ

きょうのまとめ

シャンブレー生地は定番の平織り生地。白い霜降り効果があるのが特徴

扱いやすい生地で初心者の方の作品作りにもおすすめ

ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロードできます
ヘルカ+ハンドメイドでは服の型紙を無料でダウンロード印刷できます。

ダウンロードページはこちら

また、新作無料型紙は公式インスタグラムで随時お知らせしています。
フォローしていただけると最新型紙をお知らせできます。

ヘルカハンドメイド公式インスタグラムはこちら

 - 布・生地

ad1

ad1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

シーチング生地とは?特徴から作品作りのコツまで詳しく解説

数ある生地の中でも「シーチング生地」は手芸において最も基本的な生地です。ベーシッ …

猛暑対策!汗っかきさんは着る服の素材に注目してみよう!

暑い日が続きますが、みなさんは「汗っかき」な方ですか? 私は結構な汗っかきです。 …

生地幅の種類を覚えよう!シングル幅とダブル幅

生地屋さんで売られている生地は素材によって幅が違います。(生地の幅とは生地の端の …

布の表と裏の見分け方

「生地を買ったんだけど、表と裏が同じに見える」 「一体どっちを外側にして使えばい …

布帛(ふはく)とは?意味と特徴を詳しく解説

布帛の意味と特性を解説していきます。よく比較される「ニット」との違いや、代表的な …

生地の地の目とは?

今日は手芸や服作りでよく使われる用語「地の目」について解説します。 「地の目を通 …

ブロード生地とは?特徴と服作りのコツを詳しく解説

今日は「ブロード生地」について解説します。 ブロード生地はどの手芸店でも買えて、 …

オックス生地とは?特徴と作品作りのコツを解説

今日は定番生地の「オックス生地」について解説します。特徴から服作りのコツまで詳し …

【お得】はぎれの便利な活用方法3選

今日は布の端切れ(はぎれ)について解説します。 手に入る場所や、お得な活用の仕方 …

タフタとは?生地の特徴と作品作りのコツを詳しく解説

今日は定番生地「タフタ」について解説していきます。 生地の特徴や作品作りの際、注 …